受け入れ基準・医療行為の目安

ショートステイ受け入れできない方

  • 入院加療や通院治療、高度医療措置が必要な方。常時治療や24時間看護が必要な方。
  • 精神疾患で治療の必要な方。他の利用者に暴力、暴言等の危険な行為や他の利用者に迷惑のかける恐れのある方。
  • その他疥癬等、弊施設医師、看護師が利用不可と判断した時。
  • 入所受入時の健康状態(発熱、風邪症状〔風邪薬を服用中も含む〕が悪いと判断した時。

医療行為の受け入れ範囲

項目 詳細
@経管栄養(胃・腸ろう) 受け入れていません。(受け入れ体制が整っておりません。)
A人工肛門 可(自己管理〔洗浄〕出来る方)
B在宅酸素 持ち込み可能な方
※全身状態が悪い場合、認知症状の方は不可。
Cバルーンカテーテル
※全身状態が悪い場合、認知症状の方は不可
(バルーンカテーテルの洗浄、交換は行えません。)
Dインスリン注射 可(医師の指示書が必要)
※自己管理可能な方の指示書は不要。
EMRSA・肝炎 可 ※MRSA(症状・程度・全身状態が良好の方)
  B・C型肝炎(診断書が出ていて症状の安定が確認できる方)
F他の医療行為 受け入れていません。
  • 医療的ケアの必要な方の受入人数には制限があります。
  • ご利用中は主治医・医療機関との連携が取れませんと、ショートステイ利用はできません。事前にショートを利用する旨を、担当ケアマネージャーが各医療機関とご相談してください。